シーサイド歯科
治療ポリシー診療案内審美歯科院内案内W&Aアクセスマップお問い合せトップページ
シーサイド歯科



セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせもった材質です。

◆ハイブリッドインレーの特徴
・奥歯になじみやすい。
・唾液の吸収が少なく変色、口臭の心配が少ない。
・適度な硬さと粘り強さを兼ねそなえている。



"キラッと光る奥歯の詰め物と被せ物がある為、恥かしくて大きく口を開けて笑うことが出来ない"と来院された患者さんの症例です。ハイブリッドセラミックとハイブリッドインレーにより綺麗な白い歯に変われて大変満足されていました。
奥歯の詰め物には最適です。


セラミック特有の透明感がある為、自然な色調が再現できます。
また唾液の吸収がなく変色や口臭の心配もありません。

◆セラミックインレーを知っていますか?
・天然歯に近い自然な透明感がある。
・生態親和性に優れている。
・歯茎に黒ずみが出ない。
・唾液の吸収がない為、変色や口臭の心配がない。



笑った時に見える奥歯の金属を全てセラミックに変更した患者さんの症例です。
白い歯は清潔感にあふれ健康的な印象をあたえます。


金属の代わりに特殊な強化セラミックを使用する最先端の治療法です。
金属を使用しない為、光の透過も自然でもっとも天然歯に近いといえます。
大きく口を開けて笑った時などに見える歯の裏側もすべて白くなります。
また生態親和性にも大変優れています。

◆最も天然歯に近い人工の歯です。
・天然歯に近い自然な透明感がある。
・生態親和性に優れている。
・歯茎に黒ずみが出ない。
・裏側まですべて白い



歯並びを気にされ来院された患者さんの症例です。"手で口を隠さず笑えるようになりました"と大変満足されていました。


虫歯が深く進行してしまった場合などは歯の神経を取り除く必要があります。この神経を取り除いた部分に入れる人工の土台がコアです。コアには保険適応の物とそうでない物があります。

◆メタルコア(保険)
金属を使用する従来の方法です。ファイバー素材と異なり金属特有の酸化が生じる為、歯茎の変色などの症状がでてしまうことがあります。

◆ファイバーコア(保険外)
ファイバー繊維を用いることで強度的にも安心でき、歯茎の変色や金属アレルギーの心配もありません。
適度な固さで歯根に優しく歯根破切を起こしにくいという点も安心です。
上に装着する差し歯がオールセラミックの時などは特にファイバーコアをお勧めします。


保険適応外の代表的な差し歯がこのメタルセラミックです。
色調、形態ともに優れています。唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。保険外の差し歯の中では歴史的にもっとも古く永年に渡り多くの方に使用されている歯と言えます。強度的にも優れていますのでブリッジなどにも適しています。

◆歯の変色や口臭でお悩みの方は
 セラミックで解決できますよ!
・色調、形態に優れている
・唾液の吸収がなく変色、口臭の心配がない。
・強度的に優れているのでブリッジなどにも適している。
・永年に渡り使用されており信頼性の高い差し歯と言える。



保険治療で入れた差し歯の色が"黄色に変色してしまった"事と前歯全体の"バランスが悪い"事を気にされ来院された患者さんの症例です。バランスよく白くて綺麗な歯に改善できました。


セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材です。色調、強度ともに保険適応のプラスチックに比べ優れています。
内側を金属で補強することにより幅広い症例に対応できる優れた材質です。

◆最近、ハイブリッドセラミックで治療をされる
 患者さんがとても増えていますよ!
・セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さをあわせもっている。
・保険適応の硬質レジンに比べ磨耗しにくい。
・保険適応の硬質レジンに比べ唾液の吸収が少ない。
・保険適応の硬質レジンに比べ変色が少ない。



黒く変色した前歯を気にされ来院された患者さんの症例です。ハイブリッドセラミックによる前歯4本の治療で綺麗な白い歯に改善できました。



奥歯に入っている金属の被せ物や詰め物がこれにあたります。
物を噛む機能的には問題ありませんが、永年の使用で黒く変色することも
あり保険外の歯に比べると形態やフィット(適合)などの精度の面でも劣ります。
また金属アレルギーの原因になる事もあります。


歯の表面をわずかに削りその部分に特殊な技術で製作した薄いセラミックを貼りあわせる方法です。
強度的な問題で、患者さんの噛み合わせの状態により施術できない場合もありますが、 歯への負担が軽い点と治療期間が短くて済むという点では優れた治療法と言えます。


保険適応のプラスチック性の差し歯です。
数年使用していると唾液を吸収し変色したり磨り減ってしまうことがあります。